2019年05月25日

POSCO Concert

テヨンは25日午後7時から行われたPOSCO CONCERTに出演した
四季、BLUE、RAIN、I を披露した
Posco Music Concertは韓国鉄鋼大手POSCOが1999年から後援しているコンサートで、韓国一流アーティストが毎年出演している

20190525_01.jpg
20190525_02.jpg
20190525_03.jpg
(801_81さんの写真から)

BLUE

(소녀들의바라기さんの動画から)

四季も良い曲ですが、私は一緒に発表されたBLUEが好きですね
日本でも歌ってくれると嬉しいんですが
posted by ババロア at 21:56| Comment(0) | テヨン

2019年05月23日

ユナ アルバム発売

SMは公式SNSなどを通じて5月30日にユナがアルバム「A Walk to Remember」を発売すると発表した
今回のアルバムは四季に合わせて構成した「夏の夜(Summer Night)」など計5曲が収録されている
リリースは5月30日、午後6時

07EC692C-5C65-441F-A6F2-07426DC939F3.jpeg
55E239E9-26E6-4F48-B8FF-5ADE1EAF4D1C.jpeg
87F950A7-810D-4C9E-BA43-A0B3B3E1B2DC.jpeg

誕生日にアルバムを発売してくれるなんて逆にプレゼントをもらうようで嬉しいですね
(最初にお伝えした情報に間違いがありましたので、訂正致しました メディアにより曲数が「計5曲」のところと「タイトル曲他5曲」のところがあり?です)
posted by ババロア at 09:17| Comment(8) | ユナ

2019年05月22日

Begin Again 3 出演

テヨンがJTBCの新しい芸能番組「Begin Again 3」(はじまりのうたシーズン3)への出演を決めた
Begin Again 3」は韓国トップミュージシャンが海外の見知らぬ街でバスキング(路上ライブ)に挑戦する番組
ミュージシャンらの素晴らしい公演が視聴者に感動を与え、癒される音楽番組と好評を博している

20190522_01.jpg
JTBCの関係者は22日「イ・ジョク、テヨン、ポール・キムが『Begin Again 3』に合流する」と明かした
今回のシーズンでは、シーズン2でファミリーバンドの名前で完璧なハーモニーを見せてくれたメンバーと新しいメンバーで構成された第2のチームがお互いに異なる色の音楽をプレゼントする
※バスキング=大道芸人がショーの後帽子で客から投げ銭を集めること
posted by ババロア at 20:50| Comment(3) | テヨン

テヨン追加公演イベント

5/31のテヨン日本ツアー追加公演で以下のような応援イベントを予定しています
当日参加される方で賛同いただける方のご協力をお願いします(このイベントは参加を強要するものではありませんので、他の方に紹介する場合もその点ご留意下さい)
なお、このイベントはTwitterの@TY_39JP(TYsupport)さんが皆さんからいただいた意見やアンケートを基にまとめて下さいました

<オープニング前>
レッツゴーテヨン!レッツゴー!”コール

<アンコール>
テヨンちゃん! コマウォ!”コール

<アンコールMC中>
テヨンのMC中に声の大きな人が「テヨン!」と叫びます テヨンが反応したら続いて「せーの」の合図に会わせて全員で“テヨンちゃん!ありがとう!大好き!“と叫びましょう

<ダブルアンコール>
「I」日本語バージョンの合唱
きらめく スカイ
みあげる アイ
ゆめみて フライ
マイ ライフ イズ ア ビューティー

 イメージ動画

(응원태연さんの動画から)

<トリプルアンコール>
テヨンがもしもダブルアンコールで登場してステージを終えた場合、またひたすら“キムテヨン”コールでお礼を込めてテヨンへの気持ちを伝えましょう


※お願い
・応援イベントは参加を希望する方で行います 賛同しない方に無理強いはしないで下さい
・ダブルアンコールで行う「I」の合唱の歌詞カードを配布予定ですが、必ずお持ち帰り下さい(もし落ちているものを見つけたら拾っていただければ嬉しいです)
posted by ババロア at 11:18| Comment(1) | テヨン

2019年05月20日

ユン・ジョンシンさん語る

明日(21日)午後6時に公開されるユン・ジョンシンがプロデュース月刊ユン・ジョンシン」5月号特別付録テヨンが歌う「春川(チュンチョン)行きの列車」についてユン・ジョンシンが語った


(月刊ユンジョンシンの動画から)


春川行きの列車」は、時代を超えて愛されている歌手キム・ヒョンチョルの名曲で、今回シティポップに新しくアレンジされた
ユン・ジョンシンはレコーディング中にテヨンの歌声に魅了されて、「“シティポップ”をするために生まれた声ではないかと思った」と感嘆した

ユン・ジョンシンは「テヨンは驚きの連続だった 歌が上手すぎる 今までやってみたすべての女性歌手の中で、私の感性に最も合っている声だと断言できる 理想の声といえる」と絶賛した

個性がはっきりとしている他のアーティストのように、テヨンも原曲を完璧に自身のものにし、原曲で漂うノスタルジーを保ちながらも、特有の清涼感とおぼろげな雰囲気を加えた

ユン・ジョンシンは「実際にコラボしてみたら、私がプロデューサーとして考えていた理想の歌声と歌唱方法、そして感性を持っていた 特にテヨンの歌声には、“哀調”がある 明るい歌を歌っても切ない歌を歌っても簡単に説明できないおぼろげな感情を表現する これは決して練習で作られるものではない」と話した

また「そのためか、いつかぜひバラード曲でコラボしてみたいと、もう一度考えるようになった ぜひ良い曲を作って、テヨンの心を動かすことができるように何度もプロポーズしてみようと思う(笑)」とし、テヨンとのコラボについてコメントした


ジョンシンさん、これまで私が思っていたけど言葉にできなかったことをそのまま言ってくれました “哀調”ですか、なるほど
嬉しすぎます!(^o^)

参考までにキム・ヒョンチョルさんの「春川行きの列車」です

(pops8090さんの動画から)
posted by ババロア at 20:48| Comment(4) | テヨン