2017年06月19日

済州へ移動

テヨン、ティファニー、ヒョヨン、ユナは済州島で行われるSMEグループワークショップに参加するため金浦空港から飛び立った

20170619_01.jpg
20170619_02.jpg
20170619_04.jpg
20170619_03.jpg
20170619_05.jpg
20170619_06.jpg

済州空港に着いた一行は会場まで電気自動車で移動し、「炭素の無い島」政策広報活動を行った
20170619_07.jpg

一行の内12人は、済州西帰浦市国際コンベンションセンター裏側広場で済州島多文化家庭の子供たちと一緒に記念植樹を行った
イ・スマン代表、ユンホなどの他、少女時代からはユナが参加した

20170619_08.jpg
20170619_09.jpg
20170619_10.jpg
posted by ババロア at 21:30| Comment(3) | Photo(音楽以外)

10周年プロジェクト

韓国のメディアが少女時代の10周年プロジェクトについて報じた

今年デビュー10周年を迎える少女時代は8月初めにファンミーティング開催とアルバム発売で10周年プロジェクトを始動する
当初7月に予定されていたアルバムは時期を調整して8月になり、8月5日にファンミーティングを開催する予定

ファンミーティングではアルバムに収録される新曲のステージも披露し、10年を共に歩んできたファンと思い出を共有する時間を持つ予定
新曲で韓国のファンの前に姿を見せるのはLion Heart以来2年振りとなる
コンサートやファンミーティングのようなイベントも2015年11月に行われたPhantasia以来となる
昨年のデビュー9周年にはSM STATIONを通じてシングル`その夏'を出したが音楽活動はしていなかった

image.jpeg

少女時代の10周年のアルバムの準備は着々と進められており、タイトル曲を確定し、今月末にはミュージックビデオの撮影が計画されている
メンバーはドラマ撮影、ソロ活動などの個人活動で多忙な中もアルバム準備は着実に行ってきた
アルバムはかなりの部分の作業が進んでおり、特別なことがない限り8月中には発売される見込みだ

少女時代は2007年8月3日、初のシングル'まためぐり逢えた世界'を発表し、2日後の8月5日にSBS人気歌謡で初ステージを披露した
少女時代はこの日をデビュー記念日としている

少女時代の10周年プロジェクトが歌謡界で持つ意味は大きい
同年デビューし互いに良きライバルだったWonder Girlsや2NE1が解散したのに続き、世代を超えて人気を博したSistarまで、最近グループからメンバーが離れるケースが増えている
そんな中、少女時代が持つ象徴性はさらに大きくなった
今回のアルバムを通じて今後の少女時代の音楽的変化、新たな進路も推測できそうだ

少女時代はデビュー曲'まためぐり逢えた世界'から音楽市場に大きな反響を起こした
当時、発表3週目放送回数247回で当該週間エア・モニター週間総合チャート1位に上がった
また、ポータルサイトネイバーの人気検索語順位でも7日間連続、国内歌手検索順位1位となり、大きな関心を集めた
以降10年間人気街道を走ってきた
posted by ババロア at 09:22| Comment(7) | ニュース・情報 ’17