2019年05月20日

ユン・ジョンシンさん語る

明日(21日)午後6時に公開されるユン・ジョンシンがプロデュース月刊ユン・ジョンシン」5月号特別付録テヨンが歌う「春川(チュンチョン)行きの列車」についてユン・ジョンシンが語った


(月刊ユンジョンシンの動画から)


春川行きの列車」は、時代を超えて愛されている歌手キム・ヒョンチョルの名曲で、今回シティポップに新しくアレンジされた
ユン・ジョンシンはレコーディング中にテヨンの歌声に魅了されて、「“シティポップ”をするために生まれた声ではないかと思った」と感嘆した

ユン・ジョンシンは「テヨンは驚きの連続だった 歌が上手すぎる 今までやってみたすべての女性歌手の中で、私の感性に最も合っている声だと断言できる 理想の声といえる」と絶賛した

個性がはっきりとしている他のアーティストのように、テヨンも原曲を完璧に自身のものにし、原曲で漂うノスタルジーを保ちながらも、特有の清涼感とおぼろげな雰囲気を加えた

ユン・ジョンシンは「実際にコラボしてみたら、私がプロデューサーとして考えていた理想の歌声と歌唱方法、そして感性を持っていた 特にテヨンの歌声には、“哀調”がある 明るい歌を歌っても切ない歌を歌っても簡単に説明できないおぼろげな感情を表現する これは決して練習で作られるものではない」と話した

また「そのためか、いつかぜひバラード曲でコラボしてみたいと、もう一度考えるようになった ぜひ良い曲を作って、テヨンの心を動かすことができるように何度もプロポーズしてみようと思う(笑)」とし、テヨンとのコラボについてコメントした


ジョンシンさん、これまで私が思っていたけど言葉にできなかったことをそのまま言ってくれました “哀調”ですか、なるほど
嬉しすぎます!(^o^)

参考までにキム・ヒョンチョルさんの「春川行きの列車」です

(pops8090さんの動画から)
posted by ババロア at 20:48| Comment(4) | テヨン