2019年09月05日

FANYFANY復活

2016年10月で閉店した東京京橋のFANYFANY(パニパニ)が3年の休眠を経てこの夏ついに復活します
場所は千葉に変わりましたが、店内は京橋のFANYFANYを彷彿させます
本格オープンを記念して9月29日(日)にSONEでお祝いパーティをしたいと思います
参加をご希望の方はご連絡下さい

日時:2019年9月29日(日)
    15:00〜18:00予定(電車の時間に合わせます)
場所:千葉県長生郡長生村一松戊3344-6 パニパニ
会費:参加人数によって料理や会費を決めます
(ソフトドリンク飲み放題+料理で3,000円台を予定しています)

電車で行く方は東京駅から一緒に行く予定です
ご自分の車で行く事も可能です
参加をご希望いただいた方に詳細が決まり次第お知らせします

 <申し込み・問合せ>
・メールでの申し込み
babaroa@sosipen.net へ「パニパニ参加希望」とメール下さい
集合時間や会費等が決まりましたらお知らせします
・Twitterでの申し込み
@babaroa_sosipen をフォローして「パニパニ参加希望」とツイート、またはDMが送れる方はDMでお知らせ下さい

新しいFANYFANYの店内写真
20190905_08.JPG
20190905_09.JPG
20190905_10.JPG
少女時代のグッズも着々と再展示準備中です
20190905_11.JPG
20190905_12.JPG
20190905_13.JPG
posted by ババロア at 22:18| Comment(6) | 日記

12周年グッズ

8月5日の少女時代デビュー記念日に発売された12周年記念グッズが手元に揃いましたので、紹介させていただきます

8月5日当日、COEXなどのSMのStoreで一部グッズが発売されました
当日韓国に行っていた友人が店頭でカップとストローを購入してくれました
11時に開店し、12時過ぎに購入した時にはテヨンのカップは直後に売り切れたそうです

メンバーごとにメッセージを刻み込んだカップ
20190905_06.jpg
ストロー
20190905_07.jpg

そして当日14時から販売された12周年記念グッズが今日届きました
左からトロフィー、キーリング、記念リング
20190905_05.jpg
箱がSMとは思えないくらいとてもおしゃれです(笑)
posted by ババロア at 21:50| Comment(2) | 日記

HIGH CUT & インタビュー

今日発売のHIGH CUT 247号テヨンのグラビアが掲載されています
撮影後に行われたStar 1(スタイル)マガジンにインタビューが掲載されていますので紹介します

20190905_01.JPG
20190905_02.JPG
20190905_03.JPG
20190905_04.JPG

透明な肌の上で全てのカットを平然とテヨンらしく表現したのが印象的だ
普段から“コドック”(コスメオタク)であることを明かしている彼女は音楽とコスメのコラボレーションを考えてみるほどに化粧品好きだ
各化粧の色と剤形に応じて相似した表情とポーズ、雰囲気を発散する理由だ

現在放送中の「はじまりの詩(Begin Again)3」についても言及した
「私の声をそのままお届けしたかった バスキングは初めて挑戦したので、難しさも制限が多い環境であることも十分予想していました 初心に返って基礎から再起動するという気持ちで臨みました その間スタッフや舞台装置の助けをたくさん受けて本当に生の公演を行いました 細部まで気を遣いました」

最近少女時代のメンバーと12周年の集まりを持ったテヨンにどんな時間だったかという質問には「8月は少女時代にとって“祝宴の月”です メンバーの誕生日もあり、少女時代がデビューした月でもあり、7月末からみんな何をするかの話で忙しかったです 今回は一緒に集まって、それぞれ好きな食べ物を食べて楽しくおしゃべりしました」と話した
続けて「メンバー達はいつも生涯の友達みたいな感じです たまに仕事でくたびれる時もありますが、そういう時お互いに癒やしとなります それぞれの分野で最善を尽くしている少女時代メンバー達の姿を見ると誇らしいです 最近観た映画“EXIT”でもユナが本当に一所懸命に走る姿に痛々しく思う半面、それがユナらしく良くやっていて内心嬉しかった メンバーみんな同じ気持ちだと思う」と愛情を伝えた

堂々たる13年目のアーティストとして愛されているテヨン
少女時代としてデビューした時と今で、自分で変わったところがあるかと尋ねると「以前は自分がどのように見えているかという悩みが常に先にあったが、今は私と私の色をそのまま見せようと努力しています 音楽は一度だけではなくずっとしていくことなので、チャンスはあると思います その時その時にお聴かせしたい音楽、テヨンが表現できる音楽を続けて行きたいです」と話してくれた
posted by ババロア at 21:39| Comment(2) | テヨン