2012年12月17日

2013カレンダー

2013年度版SMの公式カレンダーの写真です
残念ながら今年も日本版はまだ発売のアナウンスがありませんふらふら
韓国版は日本の大手通販サイトでも予約が始まっています

20121217_02.jpg
20121217_03.jpg
20121217_04.jpg
20121217_05.jpg
20121217_06.jpg
20121217_07.jpg

卓上版、壁掛け版、ダイアリー
20121217_01.jpg

ユナソヒョンのUFOプロフィール写真

20121217_08.png
20121217_09.jpg
posted by ババロア at 23:03| Comment(21) | ニュース・情報 ’12

2012年12月15日

J-SONE連合発足

20121215_01

少女時代が日本で活動を始めて2年が経ちました
来年には2度目のアリーナツアーも予定されており、日本語のオリジナル曲も発表してくれるなど、日本のファンには嬉しい限りです
しかし、日本語曲が発表されても日本のSONEには統一された掛け声(応援)が無いのが現状です
これまで事務所や公式サイト等にも要望を出してきましたが、実現の目処は立っていません
そこで日本の少女時代応援サイトの雄志が集まり、ファンによる統一した掛け声を作ることにしました
これまで単独では難しかった掛け声統一やツアーでのサプライズ企画などを実現したいと思いますので、皆さんのご理解・ご協力をお願いします
                          J-SONE連合発起人一同

   
「J-SONE連合発起人(サイト)」
 ・SNSD days
 ・少女時代wiki
 ・miguによる少女時代ブログ!!!
 ・sosipen.net
 ・mixi少女時代
 ・三度の飯より少女時代
 ・愛しテヨン少女時代
 ・Dear.Mom〜ソヒョンとオンマのつぶやき〜
            
「協力サイト」
 ・snsd.jp
 ・NAVERまとめ少女時代ニュース
                   (順不同)


上記のような主旨の元に日本の少女時代応援サイトの雄志が「J-SONE連合」を作りました
現在日本語曲の掛け声を決めるための案が出されています
皆さんから意見をいただき、再度発起人(サイト内では“スタッフ”)が話し合い、最終決定する予定です
たくさんの意見をお願いします
意見の書き込みをする前にニュースコーナーの「注意書き」を必ずお読み下さい
コメントの書き込みには登録やログインなどは必要ありません

「J-SONE連合」公式サイト
 次項有 http://j-sone.net/

「J-SONE連合」Twitterアカウント
 次項有 https://jp.twitter.com/J_SONE_NET

J-SONE連合では趣旨に賛同し協力していただけるブログ・サイト等(Twitter、Tumblrなども)を後日募集します
それに先立ち、現在“動画編集を手伝っていただける”サポートスタッフ(個人)を募集しています
詳しくは「注意書き」をお読み下さい

またこの活動を多くのJ-SONEに知っていただくため、拡散活動にご協力下さい
皆さんのご協力をお願いします
posted by ババロア at 21:00| Comment(103) | ニュース・情報 ’12

2012年12月11日

近づく韓国カムバック +

韓国メディアが1月初めのSNSDカムバックについて一斉に伝えている
複数の歌謡関係者によると、当初今年11月のカムバックを打診してたSNSDは来年1月初めの正規アルバム第4集発売を目標に詰めの作業に入っているという
まだSMからの公式発表は無いが、SM関係者の話として「既にタイトル曲を決めるだけで、正規アルバムのほとんどの作業は仕上げ段階に入っている」と伝え、また「最終的な発売時期を調整中」という

20121111_01a

日本のアリーナツアーのスケジュールが決まっているため、活動時期は1月末が限度と思われます
日本のツアー後には米国でのアルバム発売も予定されており、来年前半もメンバーにとってはハードな日々が続きますね
私たちに出来るのは、そんなメンバーを精一杯の応援することですね手(グー)


 次項有 追 記(PM10:00)

SNSDのカムバックに合わせて、MBCが特別番組を準備しているという
11月に複数の放送関係者が「MBCは1月に少女時代のカムバック特別番組を準備している」と明かした
今日(12/11)午後には「まだ具体的な放送内容や放送日は確定されていないが、1月中に放送される予定」という情報も・・
番組の仮タイトルは「少女時代カムバック特集ショー Oh! Yeah!」と言われている

Oh! Yeah”はカムバックのタイトル曲である可能性があるといいます
音楽番組の中でカムバックステージなどを準備することはありますが、ひとつの番組でカムバック特集を組むというのは韓国でも例の無い試みということです
ファンだけでなく、放送関係者もSNSDのカムバックを待ち望んでいた証ですね^^
posted by ババロア at 15:09| Comment(31) | ニュース・情報 ’12