2018年09月09日

ユニット活動

韓国メディアが少女時代のユニット活動について報じた
以下、翻訳です

20180909_04.jpg

  ユニット名「少女時代」ではなく「少女時代Oh!GG」である理由

少女時代はやはり少女時代であった
テヨン、サニー、ヒョヨン、ユリ、ユナで構成された少女時代の新ユニット少女時代Oh!GGが新曲「Lil' Touch」で国内外の音源チャート1位を記録し、ホットな反応を得ている

5日公開された少女時代Oh!GGの新曲はバックス、メロン、Mnetなど各種音源チャート最上位圏内に上がった
更にブルネイ、アラブ首長国連合、サウジアラビア、ペルーの4つの地域のiTunes総合シングルチャート1位に登場し、タイトル曲と同名シングルはiTunesの総合アルバムチャートで全世界の16の地域で1位を占める気炎を吐いた

少女時代Oh!GGのこのようなパワーは、メンバーのソヒョン、スヨン、ティファニーが独り立ちした中でSMEに残留したメンバーで作った最初のユニットである点でより意味が大きい
8人の完全体ではなく、5人のメンバーだけで少女時代の健在を示したも

2007年にアルバム「また出逢った世界」でデビューした少女時代はこれまで「Gee」「Genie」「Oh!」「I Got A Boy」などをヒットさせ大韓民国最高のガールズグループとして愛された
しかし、2014年にジェシカがグループを離れ8人態勢に編成され、昨年10月にはソヒョン、スヨン、ティファニーがSMEと再契約せず新しい事務所に巣を作り、解体説まで出た

しかし、少女時代の所属事務所SM側は「少女時代はSMにとってもファンの皆さんにとっても非常に貴重で意味のあるグループ」とし「メンバー達の解体は考えていない」と述べた
SMを離れたメンバー達も様々なインタビューなどを通じて、少女時代完全体の活動意思を示した

このような経緯から「少女時代」ではなく「少女時代Oh!GG」というユニット名を持って出て来た点が注目を集めている
SMに残留したメンバー達が全員集まったユニットが「少女時代Oh!GG」というチーム名を使ったことは、完全体の活動の可能性を残したものと解釈されるからだ

5人のメンバーだけで独自のクラスを見せてくれた「少女時代Oh!GG」
完全体少女時代を見ることができるまでの「少女時代Oh!GG」がどのような新しい魅力で大衆の心をつかむかに期待が集まる
posted by ババロア at 20:21| Comment(6) | ニュース・情報 ’17〜

2018年09月01日

ホームパーティ

新曲の発売が近づいていますが、リリースされる9/5(水)の夜9:30から、V LIVEでメンバー出演のホームパーティが放送されます
こちらは日本からも視聴できるようです

https://www.vlive.tv/video/86864

20180901_01.jpg

Image Teaser
20180901_02.jpg

そしてサイン会の情報も出ました
 9/16(日)PM2:00〜
http://girlsgeneration.smtown.com/Board/Details/7284427
posted by ババロア at 22:54| Comment(4) | ニュース・情報 ’17〜

2018年08月29日

メンバーが新曲を語る

少女時代-Oh!GGが強い中毒性を予告した

少女時代-Oh!GGのシングル「몰랐니(Lil 'Touch)」は、9月5日午後6時に各種音楽サイトで公開される
タイトル曲「몰랐니(Lil 'Touch)」と収録曲「쉼표(Fermata)」など相反した魅力を満たすことができる新曲2曲が収録されている
タイトル曲「몰랐니(Lil 'Touch)」は、導入部から登場する中毒性の強いリフレーンとリズミカルでダイナミックな構成が印象的なアップテンポのポップ曲で、まるで鬼ごっこをするように追いつ追われつの歌詞が緊張感を加える
ここで魅力的な重低音とクールな高音までメンバーたちの多彩な音色を満喫することができる

20180829_01.jpg

「몰랐니(Lil 'Touch)」についてメンバーユナは「中毒的なメロディーが魅力的な曲で、試験期間に聞かなければならない曲に追加されるでしょう」、サニーは「スタッフの方が中毒性のあると面白がる姿を見ると、仕事をする時に聴くと効率が上がる別名「労働ソング」と呼んだら良いでしょう」と強い中毒性を予告して期待を増幅させた
加えてテヨンは「1回ではこの曲の興(面白さ)にが手に余ると思うので、少なくとも3回以上聴かないと そうすれば、自分も知らないうちに口ずさんでいることを発見するでしょう」と紹介し、ヒョヨンは「初めて聞くやいなや洗練されたメロディーに惚れます 私たちの色をよく表現できる曲だと思った」、ユリは「新鮮で呪文のように唱えやすい曲」と説明して新曲の期待感をより一層高めた
posted by ババロア at 21:25| Comment(2) | ニュース・情報 ’17〜