2019年11月06日

スヨンの共演者

先日スヨンの出演が決まったとお伝えしたOCNの土日ドラマ「見た通りに話せ(原題)」の主な出演者が決定した
見た通りに話せ」は、全てを失った天才プロファイラーと一度見たものはそのまま記憶する能力を持つ刑事が死んだと思った連鎖殺人魔を追跡する五感サスペンススリラー

2019110_02.jpg

まず、チャン・ヒョクは劇中プロファイラーだった風変りな世捨て人オ・ヒョンジェ役を引き受けた
長期未解決事件をプロファイリングで解決した最高の犯罪心理アナリストであり、目に見えるものと見えないものを組み合わせて推理する技術は他の追随を許さない
しかし、連続殺人犯が犯した爆発事故で婚約者を失って以来、全ての痕跡を消し世界から消えた人物である
2017年ドラマ「ボイス1」でOCNジャンル物史にその名を刻んだチャン・ヒョクは「見た通りに話せ」を通じて緊張感あふれる最高の頭脳の戦いを披露する予定
今までチャン・ヒョクが見せたことの無い新しい演技が出てくると製作陣は伝えた

映画「ガールカプス」で演技の幅を広げたチェ・スヨンはピクチャーリング能力を持つ新人刑事の水泳役を演じる
スヨンは瞬間的に見えるすべてのものを写真のように鮮明に覚えている能力を持つ人物
このような特別な能力を発揮する機会がなかった田舎警察官スヨンは村で発生した殺人事件現場の状況をすべて完璧に再現して見せオ・ヒョンジェの非公式パートナーとして広域捜査隊刑事となる
以前スヨンは「ジャンル物に挑戦したかったが、ありがたいことに良いシナリオ、良い監督、良いスタッフと一緒にする機会が訪れた」と出演所感を明らかにした

最後にチン・ソヨンが広域捜査隊長ファン・ハヨンにキャスティングされた
ファンチーム長は、知能犯罪捜査部、特殊事件専門担当班など、警察内の要職をあまねく経て、今の地位まで上がってきた
連続殺人犯を捕まえるために、ヒョンジェスヨンをつなぐ援助者となる
映画「ドクジョン」で最高の新スティラーに浮上したチン・ソヨンは次期作で「見た通りに話せ」を選択すると、カリスマあふれるアクションと繊細な感情演技まで多様なスペクトラムを広げて出す予定
チン・ソヨンのジャンルドラマ演技にはどんな魅力が込められているかの視聴者の関心が集まっている

先月25日に開かれたOCNスリラーハウストークセッションに参加したキム・ホンソンクリエイターはチャン・ヒョク、チェ・スヨン、チン・ソヨンのキャスティングについて満足感を表わしながら「ボイス1」で一緒に息を合わせたチャン・ヒョクは、今までとは違う姿を見せることができるものであり、チェ・スヨンはキャラクターに合い一番最初にキャスティングを提案した」と述べた
チン・ソヨンの演技力にも高い信頼を見せた

ドラマは2020年上半期に放送予定
posted by ババロア at 20:07| Comment(1) | スヨン

2019年10月23日

スヨン新ドラマ

スヨンが特別な能力を持った刑事になって戻ってくる
OCNの新しいオリジナルドラマ「見た通りに話せ(原題)」にスヨンチャ・スヨン役で出演することが決まった

20191023_01.jpg

見た通りに話せ」は風変りな天才プロファイラーと一度見たものはそのまま記憶する能力の刑事が死んだと思った連鎖殺人魔を追跡するスリラードラマ

スヨンは「見た通りに話せ」で刑事チャ・スヨン役を務める
スヨンは一度見たシーンはそのまま記憶する特別な能力を持ったキャラクターで、連鎖殺人魔を追跡し事件を解決するためにどのような活躍をするのか期待が集まる

スヨンはドラマ「私の人生の春の日」「元彼は天才詐欺師」「今日、妻やめます」などを通じて主演俳優として作品を導く力を見せてきた
映画「デッドエンドの思い出」で、観客の共感を得る安定した演技を披露したのはもちろんのこと、最近の映画「ガールカプス」でタフな話術を持つキャラクターをコミカルながらも見事に完成し、俳優として「再発見」という評価を受けた
多様なジャンルとキャラクターで演技の幅を広げているスヨンが「見た通りに話せ」でどんな姿を見せるのか期待が高まる

番組は来年上半期の放送を予定している
posted by ババロア at 23:25| Comment(3) | スヨン

2019年09月28日

スヨン パリへ

スヨンは27日午前、パリコレに参加するため仁川空港からフランスへ向かった

20190927_01.jpg
20190927_02.jpg
20190927_03.jpg
20190927_04.jpg
20190927_05.jpg
20190927_06.jpg


(Newsenさんの動画から)

posted by ババロア at 00:43| Comment(0) | スヨン